洗顔後のオールインワンゲル

オールインワンゲルの詳細情報ナビ画像
洗顔後のオールインワンゲルを使うのは合理的な考え方

洗顔後のオールインワンゲル

美しい肌に大切なのは潤いです。

美肌効果がある高価なクリームや、保湿効果が高い美容液をいろいろ悩むより、保湿に効果的なオールインワンゲルがオススメです。

肌の潤いはわずか約0.02mmの厚さの角質層にかかっています。

0.02mmの厚さは食品包装用透明ラップとほぼ同じ厚さ、この中に角質細胞が10から20層積み重なっています。

肌の角質層が外的刺激を防ぎ、肌の内部の水分の蒸発を防いでいます。

角質層もそのまま外部に触れているわけではなく、皮脂膜でおおわれています。

一番外側の角質層が徐々にはがれていき、はがれて落ちる角質層ほぼ乾燥した状態です。

角質細胞は約30パーセントの水分を含み、この水分が肌のハリやなめらかさ、柔らかさを維持します。

セラミドという角質細胞間脂質が角質細胞をつないでいます。

肌の潤いを保つために、オールインワンゲルを使うのは合理的な考え方です。

それは、クレンジングや洗顔の後の肌を守る、化粧水、美容液。

乳液、化粧下地という過程を、ひとつのオールインワンゲルでカバーしてしまえるからなのです。

洗顔の後の肌表面は乾いています、オールインワンゲルをつける場合でもなるべく時間開けないことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加